北海道指定 居住支援法人(北海道指定第6号)

  • 友だち追加

営業時間 9:00~18:00

tel:011-807-4657

tel:011-807-4657

メールでのお問い合わせ

物件選びのポイント

60代からの物件選び

  • サ高住と賃貸、どちらが良いの?
  • 選び方がわからない
  • 今のお家はどうすればいい?
  • 今住んでいる老人ホームに不満がある
  • 年齢を理由に、審査で落とされない?
  • 一人で暮らしていくのが不安…

上記のようなご不安を抱えるご高齢者は多いことと思います。
しかし、高齢者向け賃貸住宅は、見守りサポートを活用し、今現在もどんどん受け入れ件数が広がっております。私たちは、皆様に1件でも多くお部屋を選んで頂けるよう、日々仲介店様や管理会社様、オーナー様と連携を進めております。

高齢者向け施設のメリット・デメリット

メリット
  • 設備が充実しており、暮らしやすい
  • バリアフリーで住みやすい
  • サービスが充実していて安心
  • 常に人がいて安心
デメリット
  • 申し込みの倍率が高い
  • 初期費用や月額費用が高額になる場合が多い
  • 外出や外泊、来客に制限がある施設もある
  • 介護度が高くないと受け入れてもらえない

賃貸のメリット・デメリット

メリット
  • 気に入った立地で自由に暮らせる
  • プライバシーが守られる
  • 施設と比べると安く入居できる
  • 介護認定を受けていなくても入居できる
  • まだまだ元気なので自身のペースで生活ができる
デメリット
  • 施設と比べると、見守り体制が万全ではない
  • 除雪の心配がある
  • 病気の時が不安

※賃貸住宅では連帯保証人が必要になる場合がありますが、弊社の入居後サポートを活用することで、保証人がいらっしゃらなくてもご入居可能になります。

どうして高齢者は賃貸物件を借りづらい?

体調面の不安

加齢とともに、体調面での不安がつきまといます。部屋に一人でいるときに体調を崩してしまうと、施設のようにすぐには対応できません。
また、万が一突然亡くなってしまったりした場合には、発見が遅れてしまうことも考えられます。そうなると、物件の資産価値は著しく低下してしまい、精神的負担も大きいとの理由で、積極的にご高齢者に貸したがらない管理会社・大家さんが多いのです。

金銭的な不安

60代以上の方は、年金のみで生活している方も多いため、「家賃を滞納されるリスクが高い」というイメージを持たれてしまい、積極的に貸してもらえないのが現状です。

弊社なら、サービス付き高齢者住宅だけではなく、ご高齢者でも受け入れ可能な賃貸住宅をご紹介できます。ご紹介している全ての賃貸住宅は、弊社を通してのご契約です。年齢などを理由に審査で落ちることはありません。

ご高齢者向け物件紹介とサービス

売却について

  • 住み替えたいけど、今の家はどうすればいい?
  • 物件探しと売却、どちらを優先するべき?
  • 家を売却して引っ越したいけど、とても売れそうにない

住まい相談所では、住宅の売却に関するご相談も承っております。現在マイホームをお持ちで住み替えをご検討中の方は、お気軽にご相談ください。